忍者ブログ
Home > > [PR] Home > 作品とか VOCALOIDの > # æðele / 結月ゆかり について

箱庭詭道情報記録

Hakoniwa questionable means information recording

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

# æðele / 結月ゆかり について


投稿しました
是非お聴きください

ピアノと弦楽四重奏と歌と。純粋な六重奏を目指してみました。
歌詞は僕の一時期確立しかけた世界観を印象的に紡いでみました。

整音は蒼77さんに依頼しました。
ありがとうございます。

それでは,よろしくお願い致します。



以下,歌詞です




æðele

Lyrics : nwnw

厚さの無い 氷の上にて
狂った様に 舞う獸

死ぬ間際
僕はどんな事を願うのだろう
此処に居た形跡など
誰も覚えてなどいないのだろう
いっそ一思いに

知られる事を恐れ続けて
嘘で固めて往く
其れだけが巧くなって
自分の真実を失い続ける

噫,留める事すらできず奏でる
届かない歌を口遊む
愚かに只管
箱の中に微かに残る
死の花が騒めく


もう如何にして 揺らぐ死生観を
繋ぎ止めるのかも 分からなくなっていて

逝く刹那
僕はどんな事を望むのだろう
此処に居た形骸は
誰も教えてくれないのだろう
いっそ一思いに

自分の存在価値を疑う
闇に融けて往く
失くした心に芽生える
鄙劣な風の音に怯える
紡いで繕う闇の誘い


死ぬ間際
僕はどんな事を祈るのだろう
其処に在る形容など
誰も認める事もできないまま
いっそ一思いに

忘れることに怯え続ける
音で相対する事だけが酷くなって
自分の現実を弔い続ける

噫,荒む事すらできず蔓延る
伝わらない声が鳴り渡る
惨めに只管 嘯く
烏滸がましく微かに憂う
死の花が騒めく
PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カテゴリツリー

Twitter